壊れかけたメモリーの外部記憶

70代の読書記録です。あとどれくらい本が読めるんだろう…

香君 (上巻/下巻) 上橋菜穂子

香君 (上) 西から来た少女  (下)遥かな道

上橋菜穂子  (文春e-book)

上橋菜穂子の最新ファンタジー。しかし,ファンタジーと呼ぶにはあまりにも現実味を帯びている。人々の危機を救うのに魔法も武力もいらない。ただ正しい知識と理性と,他者を思いやる心と勇気が必要だという物語。でもそんな小賢しいことを考えるより,心を開いてアイシャという少女に寄り添って,わくわくする豊かな物語を楽しんだ。

 

帝国の西の辺境で育ったアイシャは,人並外れた嗅覚を持つ少女だった。植物や動物,土のにおいをかぎ分け,においから人の感情まで読み取ってしまう。その能力はアイシャにとって必ずしも喜ばしいことではなく,他人とは異なる感覚を持つことに孤独を覚えていた。アイシャは失脚した藩主の生き残りとして命をねらわれ,やむを得ず帝国の香君の元で働くことになった。香君は,帝国の「オアレ稲」の庇護者として神のように祀られている美しい女性だった。

帝国の経済の基盤は「オアレ稲」という神から授かったとされる作物で,干ばつや冷害・虫害に強い。さらに古くからあった栽培植物を駆逐して,高い生産性を持つ稲だ。しかし,ある時思いもよらない虫害が発生した。虫による被害は西の藩王国から東の帝国に迫り,さらにその虫を食べ,あらゆる植物を食べ尽くす蝗害が広がってきたのだ。香君やアイシャとその仲間が主張する,オアレ稲をすべて焼却して恐るべき虫を一掃するという案を,皇帝や藩王たちは受け入れることができるのか。

 

 

以下は読後の雑念 (年寄りは,よけいな事をいろいろ考えてしまう。でも,認知症予防のためには,読書というインプットだけでなく,書くというアウトプットが大事らしいので,とりとめなく綴っておく。)

・この物語には,現代科学の知見が盛り込まれている。農業による人口の増加,農作物の単一栽培(モノカルチャー)の危険性,種籾の独占と不稔化,アレロパシー,菌根共生,食物連鎖と生態系の多様性など,わかりやすい言葉で説明されている。これだけのことをフィクションに盛り込めるのがすばらしい。

・稲の焼却処分は,高病原性鳥インフルエンザによる何百万羽もの鶏の殺処分を連想させる。物語では統治者たちの政治的な背景や動きも,納得がいくように書き込まれていた。現代では法律によって規定され,経済的な補償をすることにより思い切った対策をとることができるわけだ。でも,鶏の殺処分はどうしても心が痛む。こんな安い値段でおいしい卵が食べられるのには,鶏の飼育にどこか無理があるような気がしてならないが,値上がりは懐が痛む。

・コロナが流行り出したころアフリカで発生した蝗害がアジアに広がってきたというニュースがあった。蝗害は多くの被害を出しながらも自然消滅することが多いそうだが,過去に例を見ない気候変動の元で,同じことが言えるのだろうか。

・嗅覚や匂いに関して,フィクション,ノンフィクションの何冊か本を以前読んだのでまとめておきたい。最近では昆虫の嗅覚受容体の研究も進んでいて,農業への応用も夢ではないのかもしれないが,新しい関連本を読む根性がなくなってしまった。

オルファクトグラム:匂いを視覚化して犯人を追うミステリ。『香君』では匂いを「声」として感じていた。  

匂いの帝王:人並外れた嗅覚を持つ調香師ルカ・トゥリンの評伝だが,すこし偏りがある。匂い-その分子構造:化学の専門書,匂いと香りの科学:同上

香水-ある人殺しの物語-:映画化もされた小説。禁断の匂いに手を出した,とびぬけた嗅覚を持つ調香師の物語

匂いたつ官能の都:敏感な嗅覚を持つ女性の感情を匂いに託した小説。官能小説ではない(笑)

香りの愉しみ 匂いの秘密:ルカ・トゥリン自身が書いた本。面白い。本人のTED講演

匂いの人類学 鼻は知っている認知心理学者の書いたわかりやすい嗅覚の話。

三屋清左衛門残日録  藤沢周平

三屋清左衛門残日録  藤沢周平

文春文庫  電子書籍

リタイアしたシングルシニア男性の理想の暮らし?

北国のある藩で先代藩主の用人を務めていた三屋清左衛門は,藩主の代替わりをきっかけに家督を息子に譲り隠居した。在職中に功績があって国元に隠居部屋を建ててもらい悠々自適に暮らすはずだったが,その暮らしに言いようのない空白感をもち,気分が沈んでいた。しかし,友人の町奉行が持ち込む相談事にかかわるうちに,かつての誇りを取り戻していく。雪国の美しい風景と清左衛門の素直な心の内が丁寧に描かれ,読み応えのある物語。

舞台は江戸時代ですが,現代に通じるものがたくさんあります。清左衛門は五十代半ばのようですが,今でいえば六十代後半でしょう。清左衛門は隠居にあたって,国元の屋敷を取り上げられることもなく隠居所まで立ててもらった。つまり役宅をそのままつかわせてもらい,退職金もたくさんもらった。妻を亡くしてはいるが,同居の息子の嫁に身の回りの面倒を見てもらっている。退職して寂寥を覚えていたところに,古くからの友人に頼りにされた。さらに今の藩主の信頼を得て,藩政にかかわる重大事に自分の役割を見つけ,自己肯定感が高まった。美女に迫られる色っぽい場面もあり,料理屋でのおいしい食事もかかせない。若い頃の苦い経験もそれなりに心の中で消化し,驕ることなく控えめな品格のある生き方を保っていられる。時間のある時には好きな釣りをし,道場に通って剣をふるい,四書五経を読みに塾に通っている。

高齢者にとって大切な「きょういく(今日,行く)」と「きょうよう(今日,用)」があって,これが書かれた頃(1993年)には退職後の理想の暮らしだったかもしれませんが,年金暮らしが年々厳しくなる現在では,リタイアしたシングルシニア男性の夢物語になってしまいました。 

藤沢周平作品に対する既読感があるのは映画やテレビドラマのせいで,藤沢作品は初読みでした。もう少し何か読んでみましょうか。

ブラックサマーの殺人  M W クレイヴン

ブラックサマーの殺人  M W クレイヴン

東野さやか 訳  ハヤカワ・ミステリ文庫

ワシントン・ポーの二作目も面白かった。冒頭,高級レストランでポー部長刑事が逮捕される場面から始まり,何事が起きていたのかとわくわくさせられる。

6年前に三ツ星レストランから行方不明になった18歳の娘が,突然警察の前に姿を現したという。レストランのカリスマ・オーナーシェフが自分の娘を殺したとして,ポーが逮捕してシェフは刑務所に服役している。ポーは誤認逮捕の責任を取らされるどころか,もっと重大な罪で警察に追われることになった。逮捕されそうになりながら捜査するというハラハラドキドキの展開だった。

カンブリアの田園風景,暴風雨の中での捜査,分析官のティリー・ブラッドショーや上司のフリンたちとのチームワーク,行方不明になった娘の生死の真実など,読み応えたっぷりで600頁越えの厚い文庫を3日で読み切った。一作目よりエンターテインメント性が増して読みやすかったが,カリスマ・シェフのいる高級レストラン,特に真空調理を売りにしている店には行けなくなった(笑)。

宙ぶらりんのまま終わった,一作目の『ストーンサークルの殺人』で残虐な犯行を繰り返した犯人の真の意図を公にすることができたらしい。ところが二作目の終わりで,またポーは厄介な事態に陥ったらしい。どうなるの? 次作は既刊『キュレーターの殺人』!

産霊山秘録  半村良

産霊山秘録  半村良

祥伝社文庫  Kindle

睦月童』で思い出したのが,半村良の『産霊山秘録』。四・五十年前に読んだので,あらすじを思い出せなかったが,とくかく面白かったことは覚えていた。1970年代の初めは日本のSFの最盛期だったと思う。伝奇歴史小説にSF的要素を持ち込んで,日本史の史実の謎の部分を「一族」という異能の集団の暗躍で埋めていく物語だ。「一族」は古代から存在して皇室を守護していた。ミカガミ、ヨリタマ、イブキという三つの神器を使ってワタリ(テレポーテーション)をして,主に情報を操って国を動かしてきた。日本の各地にある「産霊山(ムスビノヤマ)」はネットワーク化されていた。そしてどこかに中心となる「芯の山」があるという。

物語は,戦国の世に彼らが息を吹き返すところから始まり,その後400年に渡って日本の運命にかかわっていく。400年の歴史を改変するのではなく,いわば再解釈しているのだが,荒唐無稽な展開が面白くてたまらない。戦国の世を終わらせるために,織田信長を選び取って天下を取らせようと画策する 「一族」の男たち。しかし信長に危うさを感じたのが「一族」の明智光秀だった。その後,家康が後継者として選ばれ「一族」の庇護のもとに幕府を作っていく…。 天海,藤堂高虎山内一豊も皆…。

なるほど武田信玄はあの大事な場面で急病にたおれたのは? 光秀の反逆の理由は? 関ヶ原での小早川の裏切りは? …… そうだったのか(笑)! 

 

下巻になるにつれ,その荒唐無稽さはとどまるところを知らない。

「ヒ一族」として生まれた女は「オシラサマ」として岩穴の中に住んでいて,地底のネットワークがあるらしい。天保の改革,幕末の坂本龍馬と「ヒ」の関係は?

ワタリ(テレポーテーション)に失敗した者たちは,異次元に飛ばされて400年の時代を越えて大混乱の中に現れ,また宇宙空間に飛ばされてしまったが,その者たちの行く末も,東京大空襲安保闘争,国際的な宇宙開発競争,CIAの暗躍という話の中で,回収されている。

 

ばかばかしいほどの誇大妄想なんだけれど,半村良の筆力がすごくて読み切ってしまった。50年前に読んだ時と同じくらい楽しめたのではないかと思う。歳をとっても,こういう馬鹿話を好きでいる自分が嬉しいような,情けないような…。

こういう真実(笑)を知っていると,大河ドラマがもっと楽しめるかもしれない。

睦月童  西條奈加

睦月童(むつきわらし)  西條奈加

PHP文芸文庫   Kindle Unlimited

かわいらしい表紙です

ファンタジー時代小説かと読み始めました。

酒問屋の跡取り息子・十七歳の央介が悪い仲間と連れ立っている事を心配して,父親が陸奥の山奥から江戸に連れてきたのが,不思議な力をもつイオという十歳の少女でした。罪人がイオの眼を見ると,犯した過ちを白状しなければならなくなるというのです。改心した央介はイオと共に,市内で起こる事件を解決し始めます。

人情ミステリ時代小説かな?と思い始めましたが…

イオが住んでいた睦月の里の者は皆,睦月神の子供だというのです。そしてある事件をきっかけに央介とイオは陸奥の山奥にある隠れ里のような睦月の里に向かいます。そこはなんと深い洞窟の奥にあるおどろおどろしい睦月神の居る所でした。

伝奇SF時代小説じゃないですか!

里の女たちは睦月神と共生関係にあり,若さと美貌を保つ代わりに,女児を出産した後は生きていられないというのです。洞窟から生還した央介とイオと赤ん坊は,…十八年後…。イオは睦月神の呪縛から解き放たれるのでしょうか。

早ウ我ヲ食ライ、我ノ糧 ナラン。サスレバ、永久ノ若サト美ヲ与エン。  

美しくないと嘆き、若さを失うことを恐れる女はいくらでもいる。永久の美を、永久の若さを求める気持ちが、絶えることはない。それが女子の本性である限り、男が若く美しい女子を求める限り、睦月神たる睦月草も決して絶えることはない

ジェンダーも絡んできます。

盛りだくさんですが,あっという間に楽しく読み終わりました。

 

読み終えて,「オシラサマ」を思い出しました。東北地方の神様といえば,柳田邦夫の『遠野物語』の「オシラサマ」ですが,半村良の『産霊山秘録』の「ヒ一族」や「オシラサマ」の雰囲気の方が近いと思います。あらすじはほとんど覚えていないけれど,強烈な荒唐無稽さは印象にあります。半村作品の多くが電子化されているので,読み返してみよう。

ねじの回転 ヘンリー・ジェイムズ

ねじの回転 ジェイムズ 光文社古典新訳文庫 土屋政雄 訳 Kindle Unlimited 2012/9

ねじの回転 ヘンリー・ジェイムズ 新潮文庫 小川高義 訳 Kindle版 2017/9  

一人称の物語で思い出したのがヘンリー・ジェイムズの『ねじの回転』。読み終わった『むらさきのスカートの女』の「信頼できない語り手」の語る物語が面白かったからだ。昔読んだ覚えはあるが,内容は忘れていたので再読した。短い物語ですぐに読み終わるが,いろいろ仕掛けがありそうで,二冊目の訳本も読んだ。

両親を亡くした幼い甥と姪をもつ叔父に頼まれて,貧しい牧師の二十歳の娘が家庭教師として雇われた。ロンドンに住む叔父は子供とは関わりたくないと,田舎の屋敷で幼い二人の教育を任すという。英国の田舎の古い屋敷が舞台のゴシックホラーのような始まり方だが,二十歳の娘の一人語りで「わたし」の意識の流れをたどるだけなので,亡霊が見えると主張するのは「わたし」だけのようだ。以前,屋敷に住んでいた召使クイントと前任者の家庭教師とジェセルの存在を知って,亡霊たちが10歳のマイルズと8歳のフローラに迫っていると,「わたし」は確信する。そして最後に事件が起きる。

亡霊が実在するホラー小説ではなく,脳の中の幽霊としての心理小説である。亡霊よりも人間の心の方がずっと怖い。そして,ここに書かれなかった事実の方がもっと怖いかもしれない。クイントとジェセルの関係と彼らの死やマイルズが寄宿学校を放校になった理由などあからさまに語られないことは,読み手にその解釈をゆだねられているのだろう。

1898年に書かれたジェイムズの『ねじの回転』は英文学の有名なテキストとして多数の翻訳があるし,影響を受けたのちの文学作品も多い。映画やドラマもたくさんある。この本を読むと,自分なりの解釈をしたくなる。いろいろなメディアで影響を受けた作品が多いのは当然だろう。

 

翻訳 

ネットで検索すると日本語翻訳は少なくとも7冊以上ある。上記の二冊の訳本を読んだ。大まかなストーリーには差異がないのは当然だが,暇なので冒頭部分を比べてみた。翻訳の語順が違うのは原文の構文が複雑なためだろう。英語は単語が分かっても,何を言っているのか分からない(泣)。

 

私たちは暖炉を囲むようにすわり、ときに息を吞みながら話に聞き入っていた。 終わってしばらくは「身の毛がよだった」というごく当たり前の ─ ─ クリスマスイブに古い屋敷で怪奇譚とくれば当然そうあるべき─ ─ 感想があっただけで、誰も何も言わなかったと思う。やがて「子供に出たなんていう事例は 初めて聞いた」と誰かが言った。

ジェイムズ. ねじの回転 (光文社古典新訳文庫)より


その物語は、炉辺に集まった一同が息を詰めるほどの出来にはなっていたが、なるほど陰鬱だとう評が 出たのは、クリスマスイヴに古い館で聞く怪談としては至極当然であるとしても、ほかに見解らしきものが聞かれなかったところに、ひょっこり口を切った人がいて、子供が幽霊を見せられるという筋書き は初めてだとの感想を述べていた。

ヘンリー・ジェイムズ. ねじの回転(新潮文庫)より

 

The story had held us, round the fire, sufficiently breathless, but except the obvious remark that it was gruesome, as, on Christmas Eve in an old house, a strange tale should essentially be, I remember no comment uttered till somebody happened to say that it was the only case he had met in which such a visitation had fallen on a child. 

The Project Gutenberg eBook of The Turn of the Screw, by Henry James より

 

映画

いろいろな翻案が映画化されていた。

1961年 回転 主演 デボラ・カー

1971年 妖精たちの森 (『ねじの回転』の前日譚)

2006年 ザ・ダークプレイス 覗かれる女 主演 リーリー・ソビエスキ―

2009年 ねじの回転 主演 ミシェル・ドッカリ―

2020年 ザ・ターニング 主演 マッケンジー・デイヴィス

Amazon Primeで見たのは,2009年の『ねじの回転』。BBC製作の映画は,原作にかなり忠実に作られていると思う。時代設定が,原作は19世紀半ばだが,映画は1920年ごろになっている。原作は,冬の炉辺で語られる百物語りの1つとして,ある女性の書いた手紙が読み上げられる,という枠をもつ。映画の方は,事件の後,精神鑑定のため収容されている女性(家庭教師アン)を面接するのが精神分析医という枠が設定されている。(配役で面白かったのは,家庭教師がミシェル・ドッカリ―,精神分析医がダン・スティーブンス。この二人は,のちに『ダウントン・アビー』でメアリ・クローリーとマシュー・クローリーの夫婦を演じている。)

原作の謎の部分の解釈として映画では性的な要素が加味されて,原作のビクトリア朝の道徳規範では表現されなかった部分があからさまに映像化されている。亡霊のでるホラー映画としてはお勧めできない。原作を読んでからのほうがずっと楽しめる。

文学 

『ねじの回転』に影響を受けた作品は数知れないだろう。デュ・モーリアの『レベッカ』も影響を受けたに違いない。『ねじの回転』で前任者の気配(亡霊)を感じる家庭教師と,大きな屋敷の中で前妻の『レベッカ』の気配に脅かされる「わたし」は同じ恐怖を味わっている。恩田陸『ねじの回転』は歴史改変SFだそうだが,ジェイムズのそれとどこが繋がっているのだろうか,読んでみたい。

一人語りの信頼できない語り手は嘘をついているのだろうか。トリックとしての意図的な嘘,無意識の記憶の上書きという嘘とは言えないものがあるだろう。そして,嘘でも狂気でもない場合があるという,オリヴァ―・サックス『見てしまう人々 幻覚の脳科学』を読み直したくなった。

 

むらさきのスカートの女  今村夏子

むらさきのスカートの女  今村夏子

朝日文庫  電子書籍

芥川賞受賞作。中編で読みやすくて話の展開が面白く,ひねったユーモアがあった。「わたし」が語る「むらさきのスカートの女」。「信頼できない語り手」によるミステリアスな雰囲気があって,騙されたような気がしたのだが,再読してみると不思議なことは何もない事がわかる。怖さを感じるとすれば,それは現代の社会における個人の孤独感なのではないか。現代社会における若い女性の立ち位置を描いている点で『コンビニ人間』を思い出させた。語り手の「わたし」と語られる「女」の存在の軽重が,だんだんに入れ替わっていく叙述が巧みだった。

 

“うちの近所に「むらさきのスカートの女」と呼ばれている人がいる。”と語りはじめる「わたし」は,「むらさきのスカートの女」が気になって仕方がない。今は無職で貧困の中にいて不器用そうな「女」の就職を陰から支援しようと,「わたし」は就職情報誌をそっと「女」の近くに置いたり,試供品のシャンプーを渡したりしている。読み進むにつれて,「わたし」もまた追いつめられた生活をしていることがわかる。

存在しているのに他人から見えないという「わたし」の孤独が,「わたし」自身の分身としての「むらさきのスカートの女」に対する異常なまでの執着を生むのだろうか。

「わたし」と同じ職場で働き始めると,「むらさきのスカートの女」が思いのほか有能で世間慣れしていることがだんだんにわかってくる。いつしか「むらさきのスカートの女」の存在が前面にでて,職場での「わたし」はもっと影が薄くなっていく。「わたし」にとって,「女」は助けてあげたい存在ではなくなったのだろう。

ある事件をきっかけに,「わたし」は「むらさきのスカートの女」と入れ替わってしまったように見えた。それまで存在の薄い語り手であった「わたし」は,名前を明らかにして存在を主張し始める。そして「わたし」は第二の「むらさきのスカートの女」になるべく公園のベンチに座り始めるのだ。